多様性と専門領域

水島新司ドカベン

現在のマインドフルネスと呼ばれる言説や活動、潮流には、上座部仏教の用語の訳語としてのマインドフルネスがあり、この仏教本来のマインドフルネスでは、
達成すべき特定の目標を持たずに実践される。

 医療行為としてのマインドフルネスは、ここから派生してアメリカで生まれたもので、特定の達成すべき目標をもって行われる。

 マインドフルネスは、大きくこの2つの流れに分けられる。(Wikipedia再引用)