母にはなれないが、100人の父にはなれる。

モンゴロイド蒙古斑

Wikipediaより引用 ①

配偶者の選択の理由に関する説明としては、(代表的なものとして)「ランナウェイ説」や「ハンディキャップ説」などの理論モデルがある。 

「一つの種において、ある性(ほとんどの場合は雌)の個体数や交尾の機会はもう一方の性よりも少ない」

それゆえ、交尾をめぐる個体間の争いが起き、進化を促す。

ザ・ランナウェイズ

「母にはなれないが、100人の父にはなれる。」

Wikipedia

「一つの種において、ある性(ほとんどの場合は雌)の個体数や交尾の機会はもう一方の性よりも少ない」

..........

▶ これなんじゃないの。ゴキブリの雌のフェロモンが雄の行動範囲を抑制したり、時代遅れの家父長制から逃げて核家族化したり。

賃金や待遇も聞かずに、スター芸能人になりたがったり。

おとん/猿渡哲也「高校鉄拳伝タフ」

映画「フリークス」

能力の有無に関わらず、自分の子供に跡目を継がせたり。

それがたとえ公職でも。